社内

SFAで営業サポート|業務効率をアップさせるのに有効なサービス

手形より便利な金銭債権

営業などを行なう際には手形や指名債権などを利用して取引を行なうことが多いですが、これらの製品を活用する際にはさまざまな手間がかかってしまいます。手形の作成や交付を行なうにはコストがかかるため、多くの手形を作成することになると多額の作成費用を会社が負担しなければなりません。紛失や盗難によって消失してしまう可能性もあるので、ビジネスの際に手形が必要になった場合は電子記録債権を活用するようにしましょう。電子記録債権は手形が持つリスクを解消した金銭債権として注目されており、現在ではさまざまな企業の取引で利用されるようになってきました。電子データによって作成や譲渡を行なうため、作成や交付を行なう際にコストがかかる心配はありません。

電子記録債権は記録原簿できちんと管理を行なうことができるため、手形のように紛失や盗難に遭う可能性はほとんどありません。分割で送ることも可能であるため、手形を利用する場合よりも高い安全性を保って取引を行なうことが可能です。指名債権と違って面倒な手続きや通知を行なう必要が無いため、より効率良くビジネスを進めていくことができます。手形や指名債権を利用するのに手間がかかってしまう場合は電子記録債権を活用し、取引を迅速に行なうことで仕事をより簡単に進めていけるようにしましょう。また債権の存在や帰属をきちんとチェックすることができるため、二重譲渡などのトラブルを防止することもできてとても便利です。